鏡に映る新人(1) ~噂の500円カットに潜入したらこうなった


 

 

着火ウーマン 矢野圭夏です。

 

 

 

姉さん!事件です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はて?

 

なんか聞いたことあるぞ、このくだり。

 

 

 

 

 

 

そうだ、

鏡に映る別人」だ!


※まだの方は↑ご一読を。

 

 

 

 

 

 

 

 

行きつけの美容院で

うっかり睡魔に負けて夢の中。

 

目を覚ましたら、別人だった、という話。

 

 

 

 

予期せぬショートカット事件を

ブログに書いたところ

なぐさめコメントが殺到したのは記憶に新しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「髪は女の命」と言われて久しいが

私はあまり髪のお手入れに手間をかけていない。

 

 

 

 

とにかく早く乾かせて

朝のセットも楽な髪形であることが第一。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私が今回の大阪滞在中に

どうしても試したいことがあった。

 

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

500円カット。

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

500円?

 

 

 

 

「1,000円カットなら聞いたことある~」

 

という感じでしょ?

 

 

 

 

 

 

ついにここまで価格破壊が来たか。

 

 

 

 

 

 

 

 

と思うなかれ。

 

 

 

 

 

 

実はこれ、

美容学校が経営する美容室のサービスなんです。

 

 

その名も

大阪ベルエベル美容専門学校プロ美容室。

http://www.belebel.ac.jp/osaka/pro-salon.html

 

 

 

 

もちろん全員有資格者で、

一流のスタイリストを目指すために

授業の一環でおこなう実習教室とのこと

 

 

 

 

 

 

メディアでも取り上げられていて

電話もなかなかつながらず

予約が取りづらいという、ある意味で人気店。笑

 

 

 

値段が目的というより、

いったいどんなものなのか体験したくて、

カットの予約をとって行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予約の時間は3時半。

 

 

受付で承諾書みたいなものにサイン。

 

3つくらい免責事項がありました。

 

 

「思ったようにならなくても、お直しできませんよ!」

 

「ましてや返金とかしませんから!」

 

「授業の一環であって、サービスじゃないし!」

 

 

もちろん言葉は違いますが、きっとこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

そして券売機でチケットを買います。

 

「カット500円」

 

 

 

 

 

 

ラーメンより安いやないかい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして30ほどある席の1つに案内されます。

店内はとてもきれいで明るい。

 

 

 

 

 

 

 

・・・待つこと10分。

 

 

 

やっと担当者登場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか凄い髪形の子が来たよ。

 

 

 

 

 

 

髪の色、どうしちゃったの?

 

 

 

 

アシンメトリーって今でも流行ってるの?

 

 

 

 

 

声も小さいけど大丈夫?

 

 

 

 

 

 

しょっぱなからいろいろ心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてカウンセリングタイム。

 

あの手この手で希望を伝える私。

 

一生懸命きいてくれる彼女、ミキさん(仮名)21歳。

 

 

 

にこりともせず 

手元のシートに熱心に書き込んでいきます。

ヘアスタイルカタログも参考にしながら

10分かかってカウンセリング終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

ながっ!!

 

 

 

 

 

高級美容院なみのじっくりカウンセリング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここであることに気づきました。

店内には2タイプの美容師さんがいるのです。

 

 

 

 

学生と先生。

 

ストラップの色が違う!

 

 

 

 

 

ミキ「カウンセリングチェックお願いしま~す」

 

 

か細い声が、店内の喧噪にかき消される。

 

 

 

「それ、絶対、届いてないと思うよ~(心の声)」

 

 

 

 

 

 

 

ミキ「少々お待ちください」

 

 

 

え? 待つの?

先生を呼ぶの、あきらめたの?

 

 

 

 

 

と思ったら、割とすぐ先生登場。

 

 

 

 

 

 

カウンセリング結果と

カットの計画を伝え、作業の確認。

 

 

 

 

うん、特に問題はなさそうだ。

 

 

 

 

 

先生のチェックが終わって

さあいよいよカット!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったら、

さらに待たされること10分。

 

 

 

 

 

 

入店から30分経っているが

 

いっこうに髪が切られる様子がない。

 

 

 

 

 

 

 

スピードカットならとっくに済んで

遊びに出かけている頃。

 

 

 

 

 

 

 

まさかこんなに待つとは・・・

 

 

でもここは授業の一環であって

おもてなしサービスではない。

 

 

 

 

待たされるのは当たり前。

 

ましてや、雑誌やお茶が出てくるなんて

あり得ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

あーのど乾いたー。

 

 

寝るに寝れないしー。

(別人の悪夢が頭をよぎる)

 

 

 

 

 

 

 

というわけで

30分経っても始まらない500円カットですが

まだまだ不思議な体験が私を待っていました。

 

 

 


 

(2)へ続く。

 

 

 

あなたのおかげで

1話で完結しなかったよ、ミキちゃん。

 

 

 

← 前の記事を読む                 次の記事を読む→